スーツの種類とシーンに合わせた選択

男性用のスーツには大きく分けてシングルとダブルがあります。
また、ボタンの数もシングルでは2つまたは3つボタン、ダブルだと4つまたは6つのタイプがあります。
さらにベントと呼ばれる後ろの切れ込みもセンターベント、サイドベンツ、ノーベントの3種類のタイプがあります。
また、襟の形や柄等の組み合わせにより、実に様々な種類があることになります。
しかし、何着ものスーツを持っていても、冠婚葬祭用の礼服を除くと、ほとんど同じようなタイプになっている方が多いようです。
もちろん好みといえばそれまでですが、できればシーンにあった種類を揃えておくとカッコ良いものです。
通常のビジネススーツとして使用できるものや礼服はもちろんのこと、カジュアルなタイプのモノ、商談や会食時には相手に自分をどのように見せたいかなどを考えたモノなどシーンに合わせたスーツを着用するとおしゃれでカッコ良く、しかも常識のある人であることをアピールできます。

いざという時に必要なスーツは用意しておくべき
自分のサイズにピッタリ合うオーダースーツ
スーツの種類とシーンに合わせた選択
スーツに関する記事を作成しました